ビットコインの保管場所とは - ビットコインの保管って知ってる?

HOME » ビットコインを保管するには » ビットコインの保管場所とは

ビットコインの保管場所とは

ビットコインを購入したい方は2018年爆発的に増える見込みです。
仮想通貨バブルがはじまり続々と新しい通貨ができ、なおかつビットコインをはじめとした仮想通貨で決済ができる店舗が増加することが予想されているからです。
そんな仮想通貨を購入すると気になるのはどこに保管するのかということではないでしょうか。
購入したビットコインの保管場所はどこになるのかについてみてみましょう。

ビットコインを購入するのは現実世界ではなくインターネット環境になるので、インターネット環境に保管することが一般的です。
また電子媒体であるのでパソコンやUSBなどのメディアに保管することも可能です。
インターネット環境に保管することで使わない分はセキュリティがしっかりした場所に置くことができるので盗まれる心配などを避けることができます。
パソコンやUSBなどに保存することでインターネット環境下でなくとも所持しているビットコインを確認でき、USBなどで受け渡しをすることも可能となります。
ローカル環境にビットコインを置くことによってより強固にビットコインを保管することができます。

どちらの場合でもビットコインを保管することで盗まれる心配などを低減することが可能です。
例えばビットコインを保管する際にはログインIDとパスワードが必要になります。
1段階セキュリティを強めることでパソコンやスマートフォンアプリ上から第三者の不正使用で盗まれることを防止することができます。

またビットコインの保管するウォレットを提供しているサービスでは一部補償を受けられる可能性があります。
例えばサービス側の過失で失われてしまった場合同額の補填があるというケースもあるでしょう。
このように補償を受けたい場合にも保管することがポイントとなるのです。

ローカル保存の場合でもパスワードなどで強固にビットコインを守ることができます。
所持していることが漏れなければ盗まれる心配もないですし、盗まれた場合にも簡単に奪うことはできないでしょう。
仮想通貨についてはまだまだ発展途上なので個人が考えしっかりと守っていくことが必要なのです。

ビットコインの保管場所についてはユーザー側がしっかりと選ぶ必要があります。
ローカル環境であってもオンライン環境であっても、アイテムやサービス提供者によっては満足なサービスを受けられない可能性があるでしょう。
そのためビットコインを保管する際にはその対象の評価や利用者の口コミなどを確認ししっかりと見極めておくようにすべきです。